HOME > 施設紹介:あじさい

施設紹介

児童発達支援事業 あじさい

  • 児童発達支援事業 あじさい
  • 児童発達支援事業 あじさい
  • 児童発達支援事業 あじさい

「楽しかった!」「やってみたい!」
「できた!」を支援。

広々とした室内、アットホームな雰囲気の中でお子さんが安心して過ごすことができるようにカリキュラムを設定しています。同時に、保護者の方の子育ての悩みや不安が和らぎ安心して子育てができるように支援しています。

「あじさい」では、お子さまが安心して「楽しかった」という満足感や、「やってみたい」という好奇心「できた」という喜びや自信をたくさん積んでいけるようにカリキュラムを設定しています。

有資格者がきめ細かな支援を行います。

有資格者がきめ細かな支援を行います。

保育士、幼稚園教諭、介護福祉士、小学校特別支援学校教諭などの資格を持つスタッフがきめ細かな支援を行います。

職員の資質向上に努めています。

職員の資質向上に努めています。

職員の資質向上の為、定期的に内部研修、外部研修も実施しています。

バリアフリー構造で、緑いっぱいの景観です。

バリアフリー構造で緑いっぱいの景観です。

バリアフリー構造の広くきれいな室内です。建物の裏手は公園となっており、窓からの景観も良く、環境に恵まれています。

外観
外観
療育室
療育室
療育室
療育室

事業概要

事業の種別
児童発達支援事業
事業所名
児童発達支援事業あじさい
事業所番号
0150300200
対象
未就学児童
住所
札幌市東区北24条東15丁目1番7号スリール元町201号
営業日時
月~金 営業時間:9:00~17:30
定休日
土・日・祝日・お盆・年末年始
電話番号
011-751-5554
FAX
011-751-5554
E-mail
ajisai.day@gmail.com
サービス
単独
通所
おやこ
通所
幼 児 児 童 送 迎 お食事 おやつ
空き情報
元気さーち
(札幌市障害福祉サービス事業所等の空き情報ホームページ)
http://www.sapporo-akijoho.jp

保護者向児童発達支援評価表

回答数:22 回収率:73.3%
チェック項目 はい どちらとも
言えない
いいえ わからない 回答
なし
ご意見等

環境・体制整備

子どもの活動等のスペースが十分に確保されているか 18 2 2
活動スペースが広くて子どもが活動しやすくて良い
若干狭い気がする
職員の配置数や専門性は適切であるか 22
子どもの人数に対して職員数は足りている
先生が多く色々な目で見てもらえる
生活空間は、本人にわかりやすい構造化された環境*ⅰになっているか、また、障がいの特性に応じ、事業所の設備等は、バリアフリー化や情報伝達等への配慮が適切になされているか 22
生活空間は、清潔で心地よく過ごせる環境になっているか 19 3
広すぎず目が行き届く広さだと思う
少し狭い気がする

適切な支援の提供

子どもと保護者のニーズや課題が、客観的になっているか分析された上で、児童発達支援計画*ⅱが作成されているか。 20 1 1
息子のことをよく理解してくれていると感じる
とても詳しく書かれている
児童発達支援計画には、児童発達支援ガイドラインの「児童発達支援の提供すべき支援」の「発達支援(本人及び移行支援)」、「家族支援」、「地域支援」で示す支援内容から子どもの支援に必要な項目が適切に選択され、その上で、具体的な支援内容が設定されているか。 18 1 3
区役所で提示された支援内容に沿った内容だと思う
児童発達支援計画に沿った支援が行われているか 19 2 1
具体的な援助場面を見ておらずわからない
息子のペースに合わせて支援してもらい感謝している
活動プログラムⅲが固定化しないよう工夫されているか 20 2
活動プログラムの詳細がわからない
保育所や認定こども園、幼稚園等との交流や障がいのない子どもと活動する機会があるか。 9 1 1 11
活動の中に交流はないと思う
よくわからない

保護者への説明等

運営規程、利用者負担等について丁寧な説明がなされたか 22
初めに丁寧に説明された
児童発達支援ガイドラインの「児童発達支援の提供すべき支援」のねらい及び支援内容と、これに基づき作成された「児童発達支援計画」を示しながら、支援内容の説明がなされたか 20 1 1
面談で支援内容を教えてもらった
保護者に対して家族支援プログラム(ペアレントトレーニング*Ⅳ)が行われているか 15 2 5
プログラムの説明はない
日頃から子どもの状況を保護者と伝え合い、子どもの健康や発達の状況、課題について共通理解ができているか 22
日々連絡し合っている
帰り際に先生と話ができるので共通理解できていると感じる
定期的に保護者に対して面談や、育児に関する助言等の支援が行われているか 19 3
プランの評価時にアドバイスをもらっている
定期的な面談で色々と話を聞ける
面談を通じ今後の目標が明確にみえた
父母の会の活動の支援や、保護者会等の開催等により保護者同士の連携が支援されているか 17 1 4
保護者会が少なく、面識がない保護者の方もたくさんいる。
子どもや保護者からの相談や申し入れについて、対応の体制が整備されているとともに、子どもや保護者に周知・説明され、相談や申し入れをした際に迅速かつ適切に対応されているか 19 3
子どもや保護者との意思疎通や情報伝達の為の配慮がなされているか 20 2
定期的に開放やホームページ等で、活動概要や行事予定、連絡体制等の情報や業務に関する自己評価の結果を子どもや保護者に対して発信されているか 20 1 1
行事予定はおたよりで発信されている
自己評価の公表については不明
個人情報の取り扱いに十分注意されてるか 19 3

非常時等の対応

緊急時対応マニュアル、防犯マニュアル、感染症対応マニュアル等を策定し、保護者に周知・説明されているか。また、発生を想定した訓練が実施されているか 6 2 2 12
非常災害の発生に備え、定期的に避難、救出、その他必要な訓練がされているか 5 1 1 15
通所初日に丁寧に説明をされたので大丈夫だと思っている
みたことがない

満足度

子どもは通所を楽しみにしているか 19 1 2
慣れるまで少し時間がかかったが、今は先生やお友達に会えるので楽しみにしている
ものすごく楽しみにしている。通所の日は朝の支度もサクサクしている
楽しみにしているかは不明だが行くと、先生の顔を見て笑うので嫌ではないと思う
会話がまだできないのでよくわからないが最初から嫌がらずに通っている
通所してしまえば楽しんでいるようだが、親と離れるのはやはり嫌なようだ
事業所の支援に満足しているか。 22
(うち、◎1)
家族共々満足している。
保護者は非常に満足している。幼稚園やかかりつけのクリニックと他との連携を大切にしている事業所
(注釈)
「本人にわかりやすく構造化された環境」は、この部屋で何をするのかを示せるように、机や本棚の配置など、子ども本人にわかりやすくすることです。
「児童発達支援」は、児童発達支援を利用する個々の子どもについて、その有する能力、おかれている環境や日常生活支援の具体的内容、支援を提供する上での留意事項などを記載する計画のことです。これは、児童発達支援センター又は児童発達支援事業所の児童発達支援管理責任者が作成します。
「活動プログラム」は、事業所の日々の支援の中で、一定の目的をもって行われる個々の活動のことです。子どもの障がいの特性や課題等に応じて柔軟井組み合わせて実施されることが想定されます。
「ペアレント・トレーニング」は、保護者が子どもの行動を観察して障がいの特性を理解したり、障がいの特性を踏まえた褒め方等を学ぶことにより、子どもが適切な行動を獲得することを目標とします。

事業所職員向児童発達支援自己評価表(平成29年度)

チェック項目 はい いいえ 工夫している点・課題や改善すべき点など

環境・体制整備

利用定員が指導訓練室等スペースとの関係で適切であるか
必要に応じてパーテーションで仕切る等の工夫を施している。
職員の配置数や専門性は適切であるか
保護者対応を個別に行う為に、現在の人数が適切であると思われる。
生活空間は、本人にわかりやすい構造化された環境になっているか、また、障がいの特性に応じ、事業所の設備等は、バリアフリー化や情報伝達等への配慮が適切になされているか
手洗いの仕方や並び方の順番を表示したり、カード化したりするなどわかりやすく提示している。
子ども達の状況に応じて環境を工夫している。
生活空間は、清潔で心地よく過ごせる環境になっているか。また、子ども達の活動に合わせた空間となっているか
療育室内をパーテーションで仕切り、活動空間の確保を行っている。

業務改善

業務改善を進めるためのPDCAサイクル(目標設定と振り返り)に、広く職員が参画しているか
アセスメント、ケースについての話し合いを工夫しながら行っている。
保護者等向け評価表により、保護者に対して事業所の評価を実施するとともに、保護者等の意向等を把握し業務改善につなげているか
今年度より保護者向け評価表による評価を実施し改善すべきところは迅速に改善している。しかし評価の実施時期が遅かった為、来年度は早い時期に実施し保護者の意向に応えていきたい。
事業者向け自己評価表及び保護者向け評価表の結果を踏まえ、事業所として自己評価を行うとともに、その結果による支援の質の評価及び改善の内容を、事業所の会報やホームページ等で公開しているか
第三者による外部評価を行い、評価結果を業務改善につなげているか
来年度より第三者委員を設置。
職員の資質向上を行うために、研修の機会を確保しているか
定期の札幌市研修の他外部研修に参加している。また内部研修を通じて知識の向上を図っている。

適切な支援の提供

アセスメントを適切に行い、子どもと保護者のニーズや課題を客観的に分析した上で、児童発達支援計画を作成しているか
定期的、また必要に応じて行っている。
子どもの適応行動の状況を図るために、標準化されたアセスメントツールを作成しているか
児童発達支援計画には、児童発達支援ガイドラインの「児童発達支援の提供すべき支援」の「発達支援(本人支援及び移行支援)」、「家族支援」「地域支援」で示す支援内容から子どもの支援に必要な項目が適切に選択され、その上で、具体的な支援内容が設定されているか
児童の発達における領域ごとにアセスメントを行い、現状、課題、目標、支援方法を記載しているが、ガイドラインの項目の記載はない。項目記載が必須であれば、それに基づいた形式に変更する。
児童発達支援計画に沿った支援が行われているか
活動プログラムの立案をチームで行っているか
全てではないが必要に応じてメンバーで立案している。
活動プログラムが固定化しないよう工夫しているか
実際にはまだ足りないが、工夫に心がけている。
子どもの状況に応じて、個別活動と集団活動を適宜組み合わせて児童発達支援計画を作成しているか
必要に応じて個別或いは集団の活動を行ってる。
支援開始前には職員間で必ず打ち合わせをし、その日行われる支援の内容や役割分担について確認しているか
簡単な打ち合わせであるが、日々行っている。
支援終了後には、職員間で必ず打ち合わせをし、その日行われた支援の振り返りを行い、気付いた点等を共有しているか
毎日はできていないが、必要な場合は行っている。
日々の支援に関して記録をとることを徹底し、支援の検証・改善につなげているか
定期的にモニタリングを行い、児童発達支援計画の見直しの必要性を判断しているか
定期的にモニタリングを行っている。後手にならないようにしていきたい。

関係機関や保護者との連携

障がい児相談支援事業所のサービス担当者会議にその子どもの状況に精通した最もふさわしい者が参画しているか
母子保健や子ども・子育て支援等の関係者や関係機関と連携した支援を行っているか
(医療的ケアが必要な子どもや重症心身障害のある子ども等を支援している場合)
地域の保健、医療、障害福祉、保育、教育等の関係機関と連携した支援を行っているか
---- ----
(医療的ケアが必要な子どもや重症心身障害のある子ども等を支援している場合)
子どもの主治医や協力医療機関等と連絡体制を整えているか
---- ----
移行支援として、保育所や認定こども園、幼稚園、特別支援学校(幼稚部)等との間で、支援内容等の情報共有と相互理解を図っているか
移行支援として、小学校や特別支援学校(小学部)との間で、支援内容等の情報共有と相互理解を図っているか
引き継ぎ書、電話連絡等で引継ぎを行っている。また、同法人の放課後等デイサービスへ移行する児童が殆どであるので、そちらへの引継ぎも行い切れ目のない支援を目指している。
他の児童発達支援センターや児童発達支援事業所発達障害者支援センター等の専門機関と連携し、助言や研修を受けているか
保育所や認定こども園、幼稚園等との交流や、障害のない子どもと活動する機会があるか

保護者への説明責任等

(自立支援)協議会子ども部会や地域の子ども・子育て会議等へ積極的に参加しているか
日頃から子ども状況を保護者と伝え合い、子どもの発達の状況や課題について共通理解をもっているか
保護者の対応力の向上を図る観点から、保護者に対して家族支援プログラム(ペアレントトレーニング等)の支援を行っているか
運営規程、利用者負担等について丁寧な説明を行っているか
児童発達支援ガイドラインの「児童発達支援の提供すべき支援」のねらい及び支援内容と、これに基づき作成された「児童発達支援計画」を示しながら支援内容の説明を行い保護者から児童発達支援計画の同意を得ているか
定期的に、保護者からの子育ての悩み等に対する相談に適切に応じ、必要な助言と支援を行っているか
父母の会の活動を支援したり、保護者会等を開催する等により、保護者同士の連携を支援しているか
子どもや保護者からの相談や申し入れについて、対応の体制を整備するとともに、子どもや保護者に周知し、相談や申し入れがあった場合に迅速かつ適切に対応しているか
定期的に会報等を発行し、活動概要や行事予定、連絡体制等の情報を子どもや保護者に対して発信しているか
個人情報の取り扱いに十分注意しているか
障がいのある子どもや保護者との意思疎通や情報伝達のための配慮をしているか
事業所の行事に地域住民を招待する等地域に開かれた事業運営を図っているか

非常時等の対応

緊急時対応マニュアル、防犯マニュアル、感染症対応マニュアル等を策定し、職員や保護者に周知するとともに発生を想定した訓練を実施しているか
非常災害の発生に備え、定期的に避難、救出その他必要な訓練を行っているか
事前に、服薬や予防接種、てんかん発作等の子どもの状況を確認しているか
食物アレルギーのある子どもについて、医師の指示書に基づく対応がされているか
アレルギー対応の子どもの情報については、医師からの指示書はないが、保護者から丁寧に聞き取りをし、壁に掲示し、職員が周知を徹底している
ヒヤリハット事例集を作成して事業所内で共有しているか
虐待を防止するため、職員の研修機会を確保する等、適切な対応をいているか
どのような場合にやむを得ず身体拘束を行うかについて、組織的に決定し、子どもや保護者に事前に十分に説明し了解を得た上で、児童発達支援計画に記載しているか
現在は身体拘束をやむを得ずしなければならない児童がいないが、身体拘束については虐待防止研修等で確認している。